7/25までの契約特典
CRAの口座開設代行無料サポート付き(700CAD相当)

カナダ起業フルサポート - 簡単・安全・日本語でスピーディーな会社設立サービス

STEP1
必要書類を準備
STEP2
会社設立
STEP3
カナダ進出
無料相談する!

損する会社設立 だけ はやめよう!

損する会社設立 だけ
はやめよう!

日本語で唯一カナダで会社を設立するサービスである弊社は様々な業種の会社設立のサポートを行なってきました。

実際に会社設立の理由や目的をクライアントと向き合って話していると大抵の方は

「なんとなくカナダ進出できると思ったから」

という理由で、あまりカナダで会社を設立することでできるメリットや恩恵を理解していない様子でした。

例えば、あまり知られていませんが、カナダで会社を設立することによって

などなど多々メリットや活用の仕方が可能になるのです。

*実際に法人の形態や業務内容によって異なります。

*カナダに在住の方はもちろん、日本やその他のカナダ以外の国 に在住している方でも設立いただけます。

しかし、残念ながらこの事実はほとんど日本の方には知られていません。

ですので、弊社ではカナダ進出の夢を叶えるための会社設立サポートだけでなく「あなたのカナダの生活が豊かかつ快適になる会社の使い方」までもサポートするサービスを提供しています。

実際によくある

「会社を作ったけど、何も使えなくて維持費だけかかっているんです、、」

「なんとなく安いからノリで会社を作ったのですがあまり使い道がわからなくて、、」

などの「損出と出費だけを生み出す会社」とはオサラバしましょう。

実際に「幸せ」と「資産」を生み出す会社設立で幸せなカナダでの生活を叶えましょう!

会社設立後の未来

外貨獲得

お子様の無料でハイレベルな

英才教育
税制の優遇
最先端ビジネス

に触れられる

外貨獲得

お子様の無料でハイレベルな

英才教育

税制の優遇

最先端ビジネスに触れられる

完全日本語のみでOK!

徹底したアフターフォロー

カナダに在住の方はもちろん、日本やその他のカナダ以外の国 に在住している方でも設立いただけます。

カナダに行く必要なし

英語での書類に記入する必要なし

日本で会社を設立するよりも格安

CRAの口座開設から会計までもサポート

まるまる会社設立の登記手続きを代行いたします。 バイリンガルスタッフと日本人スタッフが100%日本語で対応しています。
他に日本語でカナダの会社設立を代行しているところはありません! 弊社におまかせください!
カナダ進出に必要な会社の設立は、完全日本語で案内している会社などはございません。
canada bussiness support

カナダ会社設立のメリット

カナダでの法人設立のメリットは、下記が挙げられます。
何より日本企業はカナダでは多くないので、「日本企業」 と言うだけで海外では相当なアドバンテージ(信頼)が 得られます。
canada bussiness support

会社設立して移住スキーム

ラッキーニュースです。 今回、経営者様やマネージャー職として会社で1年以上在籍のある方は、英語力不要かつ資金も求められない就労ビザである「ICT-WP」を取得できる可能性があります。*弊社では、会社設立、ビジネスモデルの作成などを完全サポートします。(最短1ヶ月でカナダに移住可能)

ICT-WPの大きなメリット

STEP1

ビジネスコンサルにてカナダで行うビジネス(本国の事業と関連したビジネス)を作成

(弊社がプランニングを行ます。)

STEP2

弊社が完全代行で日本語でカナダ(希望の州など)に子会社 OR 支店を設立

STEP3

ICT-WPを申請(提携移民コンサルを紹介)、 カナダで事業(移住)開始

(提携移民コンサルタントが対応)

私どもがオススメしている英語力不要かつ資金も求められない「ICT-WP」を取得する上で欠かせない会社までも弊社が完全サポートします。

canada bussiness support

会社設立の必要書類と必要情報

今回、法人設立において準備すべき資料は下記のみです。
おおよそ1時間もあれば準備可能です。

必要書類

必要情報

全てオンラインでの書類のやりとりになりますので カナダに渡米しなくても法人設立は可能です。
canada bussiness support

会社設立までの流れ

今回、法人設立において準備すべき資料は下記のみです。
おおよそ1時間もあれば準備可能です。

STEP0

事前無料相談(20分)

エキスパートがヒアリングを行い、お客様にあったプランや海外進出プランをご提案します。
STEP1

コースを決めて 申し込み・お支払い

申し込みの際に必要書類・必要情報をお客様から取得します。

お客様にやっていただくのはココだけ!

STEP2

キックオフMTG

担当による30分程度オンラインZOOMによるコンサルティングとプランニング、ガイダンスを行います。(会社設立から運営開始までの流れをシェアします)
STEP3

VIPビジネスコンサルティング/ VIP会員サイト招待

移民局に好まれるビジネスモデルの設計、カナダ現地で収益化可能なビジネスモデルの構築、各種スキームのアドバイスをオーダーメードで行います。
(提携移民コンサルタントの紹介、準備も始めます。)

また、カナダでのビジネスのコツやルール、各種口座開設や便利なツールなどを紹介したVIP会員サイトに無料招待します。

STEP4

会社設立

提携弁護士事務所にて会社名のリサーチ、定款の作成・提出などを行います。会社設立が承認をされましたら、ご連絡を差し上げます。 所要時間:約1ヶ月(混み具合によって前後します)

STEP5

カナダ法人運営スタート/カナダ移住

ICT-WP希望の方は空港で申請を行い、法人運営をスタートします。
法人運営に絶対 必要なCRAの各種口座開設代行やライセンスのヘルプ、法人口座の開設同行などを行い、一早いキャッシュフローを準備を弊社と行います。(ビジネスローンチ以上)

canada bussiness support

弊社が選ばれる理由

カナダの会社設立から、ビザ申請、カナダの会計まで全て日本語で完全サポートは弊社のみ!

圧倒的な実績(累計100社以上サポート)

会社設立から、会計サービス、ビザの申請までもサポート

完全日本語でサポート(書類も日本語対応!)

GOOGLEなどを顧客に持つ英国企業のCANVAS8のエキスパートがアドバイス

canada bussiness support

プラン・料金

カナダインコーポレートコース

カナダインコーポレートコース

1,599CAD~

2,999CAD

外国法人の子会社や支店の設立、または州登記などによって料金が変わります。詳しくは無料相談より問い合わせください。

住所レンタルなどは別途かかります。

こんな方にお勧め

完全日本語対応で「会社設立」を行います。

サポート内容

会社設立代行サービス(BC州、オンタリオ州、アルバータ州、ケベック州など対応 *その他の州も対応していますのでお問い合わせください*)
*本料金に加え、TAXなどが別途かかります。あくまで概算の費用になりますので正式な費用が希望の方は、問い合わせください。*

今月残り 3

カナダビジネスローンチコース

カナダビジネスローンチコース

5,299CAD

住所レンタルなどは別途かかります。
ICT-WP希望の場合は、移民コンサルタントを紹介します。

こんな方にお勧め

完全日本語対応で「会社設立」を行い、ICT-WPに特化したビジネスモデルの作成代行を行い(希望者のみ)、設立後のカナダでのビジネスをスタートする上での各種セットアップもヘルプします。(別途代行サポートもございます。)

カナダ移住までに「送金術」「カナダのビジネスルールや雇用ルール」「会社の運営術」「税金の支払い方」などの会社経営をするのであれば絶対に無視できないルールややり方を会員サイトで学び、私たちが英語圏で通用する(移民局が求める)ビジネスモデルをオーダーメードで作成し、会社設立だけでなく、会社の活用術(2カ国に進出する際のスキームや使い分け)も伝授します。

会社を設立するだけでは「カナダ」では、ビジネスは許可されません。
CRAの各種口座開設やライセンス取得など様々な壁がございます。

英語圏でビジネスをするのが「初めて」の方はこのコースでビジネスを始めるまでの全てをサポートしますのでご安心くださいませ。(別途、カナダ法人の会計サービスなども日本語で提供させていただいています。)カナダにすでにお住まいの方にもビジネスアドバイスや、ビジネスモデルの設計など会社設立付きでアドバイスを行っていますので本コースをおすすめします。

サポート内容

完全日本語で会社設立代行サービス(BC州、オンタリオ州、アルバータ州、ケベック州など対応 *その他の州も対応していますのでお問い合わせください)
カナダ政府が求める英語圏へのビジネスモデルをオーダーメード作成
オンラインビジネスコンサルティング(60分)外貨獲得、ビジネスステップ、日本との事業の分配、移住とビジネスの音速タイムラインなどあなたのビジネスの加速させ、カナダでの事業展開の悩みを全て解決します。
プロフェッショナル専門家紹介(税理士、弁護士)*日本語対応した専門家を紹介します*
ビジネス開始までのエッセンシャルタスクと準備事項(法人口座の開設、CRA(国税庁)アカウントの開設、 ライセンス取得TIPSなど、ビジネスを開始するための 必要準備リストを全てサポートをします。
専門家によるアフターフォローアップコール(30分無料)
カナダの生活お悩みヘルプ(LINEで無料相談可能)
*英語が不安な方のために、同行サポートも有料でサービスしています*

**もし、ICT-WPが却下された場合は、会社設立費用だけを差し引いた金額をご返金いたします。**

カナダVIPビジネス会員サイト

カナダ移住(進出)までの期間に、少しずつグローバル ビジネスマインドを学びませんか?日本の会社の自動化、カナダでの税金ルール、カナダ移住までに日本ですべきことなど、カナダ移住後のあなたのビジネスが加速するためのエッセンスが学べるVIP会員サイトに特別招待

VIPアンリミテッドコース

VIPアンリミテッドコース

20,499CAD

住所レンタルなどは別途かかります。
ICT-WP希望の場合は、移民コンサルタントを紹介します。

こんな方にお勧め

ビジネスローンチコースのサービスに加え、現地でビジネスを軌道に乗せるビジネスサポートやストラクチャーの作成、マーケティング戦略、HP作成、また人によっては資産保全や資産運用のサポートも1年間徹底的に行うVIPコース(優先サポート付き)です。

弊社で会社設立、完全オーダーメードの要望にあった英語圏で通用するビジネスモデルとビジネスフローチャート、マーケティング戦略を作成し、実際に弊社の英語圏、日本語圏に特化したプロのマーケッター(2人在籍)がビジネスを自動拡大させる戦略&実践します。また、円安時代のカナダでの外貨で資産保全のテクニックや、外貨を獲得するビジネスモデルを作成し、1年で形にしていきます。

カナダで確実に最短距離でキャッシュフローを構築し、英語圏でのマーケティングも学びながら、カナダでの外貨での資産保全や資産運用を行い方には本コースでぴったりです。

サポート内容

– 2カ国キャッシュフローを最大化させるビジネス構築
– 1年間のビジネスサポート付き(無料でアドバイスし放題)
– 年間ビジネススケジュールのリマインド/作成
– 社員雇用サポート(代行も可能)
– カナダでの資産保全/資産保全スキーム構築
– カナダへの安全な送金相談
– フライト代を10-40%節約するテクニック
– 経費削減、節税スキームの提案
– 英語圏に特化したプロのオンラインマーケティング相談
– 英語圏でのサイト作成代行(別途有料)
– オフィス契約のフルサポート(バーチャルオフィスなども可能)
– カナダで営業開始時に必須なライセンス取得におけるヘルプ
– 弊社とパートナーシップ権利

完全日本語で会社設立代行サービス(BC州、オンタリオ州、アルバータ州、ケベック州など対応 *その他の州も対応していますのでお問い合わせください)
カナダ政府が求める英語圏へのビジネスモデルをオーダーメード作成
オンラインビジネスコンサルティング(60分)×6回 外貨獲得、ビジネスステップ、日本との事業の分配、移住とビジネスの音速タイムラインなどあなたのビジネスの加速させ、カナダでの事業展開の悩みを全て解決します。  
プロフェッショナル専門家紹介(税理士、弁護士)*日本語対応した専門家を紹介します*
ビジネス開始までのエッセンシャルタスクと準備事項(法人口座の開設、CRA(国税庁)アカウントの開設、 ライセンス取得TIPSなど、ビジネスを開始するための 必要準備リストを全てサポートをします。  
専門家によるアフターフォローアップコール(30分無料)
カナダの生活お悩みヘルプ(LINEで無料相談可能)
*英語が不安な方のために、同行サポートも有料でサービスしています*

**もし、ICT-WPが却下された場合は、会社設立費用だけを差し引いた金額をご返金いたします。**

カナダVIPビジネス会員サイト

カナダ移住(進出)までの期間に、少しずつグローバル ビジネスマインドを学びませんか?日本の会社の自動化、カナダでの税金ルール、カナダ移住までに日本ですべきことなど、カナダ移住後のあなたのビジネスが加速するためのエッセンスが学べるVIP会員サイトに特別招待

カナダ進出ビジネスコンサルティング

カナダ進出ビジネスコンサルティング

キャンセル待ちは、公式LINEで問い合わせください。

満席となりました

2,000CAD

(1時間)

2カ国間でビジネスを行う場合は、それなりの
スキームを準備が必要不可欠です。(ビザを申請される場合はなおさら)
しかし、実際に、なかなか本業が忙しい経営者やこれから起業する方に
とって、カナダでのビジネスモデルや、カナダ政府に魅せるビジネスや
オフィスのセットアップなども含めて、
細かい部分まで「出口」を含めて、ビジネスデザインする余裕が
なかなかないのも事実です。

ですので、弊社では、完全オーダーメードで
ビジネスコンサルティングを行っています。

*今の現状ではICT-WPの条件に達していないが、ゆくゆくはカナダに
展開したい方のICT-WPへの展開(スキーム)や近道の相談も
こちらで受け付けています。*

相談事項の例

– ICT-WP条件に達してない場合のアプローチや最短フローチャート
– 節税効果を最大限に発揮させる効果的な法人スキーム (5%以下の可能)
– カナダの会社の出口相談
– カナダでのM &Aの流れやストラクチャースキーム
– 法人クレジットカードの賢い使い方
– 英語圏でのマーケティング相談
– 社員の雇用術
– 契約書の作成のポイント

など(過去のクライアントからの相談一例)

え?私カナダ移住できる?どのプラン?

現在、弊社のエキスパート(日本語、英語対応)があなたの不安や疑問、ICT-WPの概要や弊社のサポート内容やサービス内容、また移住に向けたプラニングを無料相談をオンラインで行っています。
カナダでビジネス展開、移住を考えている方は一度無料相談をおすすめします。

canada bussiness support

お客様の声

カナダでの起業を考えていた時に、ウェブサイトでThe Legendary Roots 88 Inc.さんに出会いました。
僕が知る限りだと、カナダで会社設立代行を日本語でやっていただける会社は、ココだけだと思います。
質問にも丁寧に素早く、素人の私にも解りやすく答えて下さり、いつも丁寧でした。
The Legendary Roots 88 Inc.さんを選んでよかったと思っております。カナダで起業をお考えの方に自信を持ってオススメします。
日本で経営している会社のカナダ進出をお願いしました。
設立依頼メールから設立完了まで、約5週間で完了しました。お陰様で、家族でカナダに移住も成功しました。
外国会社設立で一番重要なことは、設立後の手続きだと思っております。税務関係などのフォローもしていただけるので、信頼してお任せで絵きました。
これから設立を検討されている方、アフターフォローが心配な方、是非ともお薦めの代行会社です。
今後のサポートもよろしくお願いいたします。
ご無沙汰しています。
カナダ法人設立を依頼しましたKです。その節はたいへんお世話になりました。
その後、ICT-WPの準備も順調に進めており、いよいよカナダへの移住の日程を決めているところです。
The Legendary Roots 88 Inc.さんの無料相談に応募していなかったら、会社経営者がカナダ移住できる道があることも知らないままでした。
新たな道を示してくださって、本当に感謝しています。これからもよろしくお願いいたします。
canada bussiness support

7/25までの契約特典

今月、弊社の新しいサービスをローンチする記念として弊社で通常有料で行っているCRAの口座開設代行サポートを特別に1O0%OFF(完全無料)の価格で案内させていただくことになりました。
カナダで会社を設立しただけでは、「ビジネス」を始めたり、「給料」を支払ったり
することはできません。
会社設立後には、日本の国税庁に値するCRAのGST/HSTアカウント、payrollアカウントなどを開設する必要があります。
これは義務になります。

CRAの口座開設代行サポート

CRAの口座開設代行サポート

CRA口座とは?

CRA口座は、カナダ政府の税務当局であるCRAが提供するオンラインサービスです。この口座を通じて、法人税の申告や納付、GST/HST(消費税)の還付申請、給与源泉徴収税の納付など、さまざまな税務手続きをオンラインで行うことができます。

なぜCRA口座が必要なのか?

CRA口座を開設せずにビジネスを行うことは、法律違反となります。また、税務上の義務を果たせなくなるため、罰金や延滞税などのペナルティが発生する可能性もあります。

CRA口座を開設することで、以下が可能になります。
税務手続きの効率化: オンラインで簡単に税務手続きを行えるため、時間と手間を大幅に削減できます。
正確な情報管理: 税金の納付状況や還付金の履歴などを確認できるため、正確な情報管理に役立ちます。
政府からの通知受信: 税務に関する重要な通知をメールで受け取ることができます。
各種補助金・控除の申請: 政府が提供する補助金や控除の申請をオンラインで行うことができます。

開設の仕方は、電話での手続き、もしくは、FAXでの手続きになりますので、英語圏で始めてビジネスを行う会員様にとっては非常に難易度の高いタスクですので弊社に依頼される方も実際に多いのも事実です。(英語での作業になります。)

弊社ではお客様の代わりに取得する(開設する)開設代行サポートも行っています。

勿論、ご自身でやっていただく分には問題ございませんが、もし、弊社経由で開設代行を依頼する場合は特別に通常1000CADかかるところ今月、上記のビジネスローンチコース以上に契約され方にはディスカウントさせていただきますのでおっしゃっていただければと思います。

canada bussiness support

戦略にコストを割いて
無駄のない実践を楽しもう!

今回、カナダ初の完全日本語での「会社設立サービス」 を展開しているShinと申します。

日本ではあまり目に見えない商売であるコンサルやカウンセリングなどにお金を払って相談するカルチャーがさほどないので、人によっては「え?こんな高い金額するの?」
と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

日本は、製造業で食べていた(今もギリギリ)国なので、その名残があり、情報に価値を感じづらいのは、事実です。

「自分で調べた方が良い」

「勿体無い」

確かにこのお考えは理解できます。ですが、これは、ケースバイケースです。

例えば、海外進出。私どもの場合は、アジアにヘッドオフィスがあり、世界中(日本も含め)に、ブランチや子会社がございます。

この場合、自分で税制を把握してスキームを組もうと思っても随時変わりゆく「ルール」を把握するのが極めて困難なので、「良き」と思って作ったスキームが「イリーガル」なケースも多々出てきます。

ですので、私たちは税理士や会計士には相当投資をして、「鉄壁なスキーム」を作っています。(年間数百万~)

実際に、これは「移民」とて同様です。

弊社のクライアント様でも「ケチっ」て「カナダへの移住や進出」をされた方も多々いますが、皆、準備不足で撤退しています。

ビザの理解不足(そもそも移民ルールを無視)
カナダでの雇用失敗
税務申告忘れのペナルティ

実際に移民や会社などは「人それぞれの状況」に応じて、全く「戦略」や「ルート」が変わってきます。

僕がICT-WPに出会うまでに複数の移民コンサルに高額を支払い、全てのビザの可能性と移住ルートを検証しました。

ここからまずは「ICT-WP」を選択しました。
(永住権にもかなり近道になります。)

しかし、当然、カナダでの事業は展開したことはない「初心者」なので、全く現地のマーケットは分かりません。

なので、手探りで現地の弁護士や会計士に相談をしながら、ビジネスモデルを精査して、決断に至りました。

(特にCRA関係はかなり大変でした。汗)

なので、僕と同じような大変な想いをしないようにこのような海外進出サポート業務をローンチすることになったのです。

海外移住は、人生(家族の人生)が変わる大きな決断です。これを1人で行うことも「節約」は可能で選択肢としては良いかもしれませんが、人生は長期戦であり、一度、ケチったことによる「ツケ」は後で来ることが多いのです。(税金のように。汗)

ですので、「僕らに相談をしてください。」というわけではないのですが、自分1人で考え、決断をするというゲームではかえって「遠回り」「損するケース」がほとんどです。

ぜひ、大きな決断こそ、自分1人で決断、判断のゲームから抜け出し、周りの力を借りていきましょう。

 

SHIN KAWAMOTO

The Legendary Roots 88 Inc CEO.

著書「働かない働き方。」2019年TEDxに登壇。GoogleやNetflixなどをクライアントにもつ英国のCANVAS8のエキスパートとしても活動。 2021年よりカナダにて日本語で初となる「カナダ会社設立サービス」をローンチ。会社設立だけでなく、会計サービス、英語圏でのマーケティングなども全てサポートしている。累計100社近くをサポート。グループ会社は、フィリピン、日本に展開中。日本人独自のセンスとこだわりを英語圏に広めるべく活動中。

運営会社

The Legendary Roots 88 Inc.

代表;SHIN KAWAMOTO
問い合わせ先;melody(あっと)thelegendaryroots88.com
*@に変更ください*

本社(フィリピン)
24F, BGC Corporate Center, 30th Street Corner 11th Avenue, Fort Bonifacio, Taguig City, 1634

カナダ支店           
400, 319 W. Hastings St. Vancouver, B.CV6B 1H

STAFF

シン

CEO/BOSS
ビジネスコンサルタント

メープル

会社設立エクスパート
VIPリレーションシップマネージャー

サオリ

エグゼクティブデザイナー

クラーク

ITマネージャー
英語圏マーケッター

マサ

ITマネージャー
広告エキスパート

グレース

会計エキスパート

よくある質問

会社に関して

canada bussiness support
はい、準備しております。 最短で10日前後で登記は可能です。詳しくは無料面談にてご案内しますのでお問い合わせくださいませ。(1599CAD~で可能) *ブリティッシュコロンビア州とオンタリオ州での会社設立の場合は、非居住者の方でも設立可能です。
問題ありません。初回面談時に時期などもシェアします。 準備が出来次第、進めれば大丈夫です。
カナダは会社を設立するだけでは残念ながらビザは出ません。 現在、日本や海外で会社を1年以上経営している方でそれなりに売り上げがある方は、ICT-WPという就労ビザが出る可能性がございます。

弊社では「入り口」だけ(つまり、会社設立だけ)を代行する会社ではなく、肝心な「会社設立後の安全かつ確実な運営開始」までをフォローアップしています。

全てのコースのクライアントに申込時に担当が、事前ガイダンスで案内を1人1人丁寧に行い、流れなどを案内しますのでご安心ください。

むしろ、会社だけを作るのであればご自身でお調べになって行った方がお安くできる可能性もございます。

弊社は「会社を設立だけするサポート」を行う会社ではなく、「カナダでも収益を生み出すビジネスと手元に残る利益を増やすこと」にフォーカスをおいた起業前後の肝心な部分サポートをする会社なのです。

カナダでの会社は立ち上げて、実際にオペレーションがなくても問題ございません。ビザが発給された後、実際にカナダに移住してからオペレーションがされることが重要です。

なので、日本にいる間は、会社だけが設立されてあり、銀行口座などもない状況ですが問題ございません。(決算前に渡航できれば、税務申告は間に合います。)

会社の維持費は基本かかるものは、下記です。

*住所(バーチャルオフィスやオフィス)代 :毎月25CAD~
*帳簿(申告);0 CAD~(売上や経費次第)
*年間の申告;150CAD~

実際に維持費はさほどかかりません。
税率は売り上げなどによって変わりますので税理士さんにご相談くださいませ。

 

ケースバイケースです。税理士の先生にご相談ください。カナダでの売り上げが30,000CAD未満の場合は、GST/HSTの支払いは免除されます。

州によりけりです。一般的には下記のルールがございます。

フェデラル(カナダ): 25%の在住カナダ人ディレクターが必要

アルバータ州: 在住カナダ人ディレクターは必要ありません

ブリティッシュコロンビア州: 在住カナダ人ディレクターは必要ありません

マニトバ州: 25%の在住カナダ人ディレクターが必要

ニューブランズウィック州: 在住カナダ人ディレクターは必要ありません

ニューファンドランド州: 25%の在住カナダ人ディレクターが必要

ノバスコシア州: 在住カナダ人ディレクターは必要ありません

オンタリオ州: 在住カナダ人ディレクターは必要ありません

プリンスエドワード島州: 在住カナダ人ディレクターは必要ありません

ケベック州: 在住カナダ人ディレクターは必要ありません

サスカチュワン州: 25%の在住カナダ人ディレクターが必要

ただし、各州の要件や法律は変更される可能性があるため、具体的な事例については法律専門家に相談することをおすすめします。実際にカナダ人のディレクターが不要な州の場合は1人でも登記可能です。

非居住者の場合は、制限がないオンタリオ州とBC州をお勧めしています。
(弊社のクライアントのほとんど)

 

ICT-WP(企業内転勤ビザ)に関して

canada bussiness support

ICT-WPを通じて取得した最初のワークパーミットは、通常1年間発給されます。

IRCCは、カナダにある会社が設立された外国企業の子会社であることを条件に、1年後の更新の後に、2年間の労働許可証を発行することが可能です。ICT-WP(ワークパーミットは、プログラムのすべての要件(カナダにオフィスがある、カナダのPR保持者または市民を雇用している、カナダと自国の両方で事業を展開しているなど)を満たしていれば、数回(一度に2~3年、合計7年まで)更新することが可能です。その後も1年間のブランクを経て、再度、7年間更新可能です。

申請できる条件は、

1、カナダへの展開の前に少なくとも12か月会社が運営されている必要がある
2、本社は財務面で健全であり、カナダでの外国事業をサポートする能力を持っている必要がある(決まりはないが年商1500万以上が望ましいとされている)
3、本社と、カナダの会社と関連性があり、親会社、子会社、または関連会社として関係している必要がある。
4、カナダでの事業は実現可能であり、カナダ人の雇用創出につながるものである必要があること

です。売り上げなどの決まりは、移民局のHPには一切ございませんが
目安として年商1500万程度と言われています。

ICT-WPプログラムには多くのメリットがあります。
そのうちのいくつかを紹介します。

・カナダに住み、カナダで働ける:
あなたとあなたの家族はカナダに住み、カナダで働くことができます。

・子供をカナダの公立学校に通わせることができる:
無料でカナダの公立学校に通うことができます。

・英語力は必要ありません:
英語またはフランス語の知識を証明することなく、カナダで働くためのWP(ワークパーミット)を取得することができます。管理職の場合、最低1年の管理職経験が必要です。

・無料の医療を受けることができる:
カナダで3ヶ月間就労した後、無料の医療保険に加入することができます。

・母国での居住が可能:
フルタイムでカナダに居住する必要はなく、母国でビジネスを継続することができます。

・ビジネスチャンス:
ビジネス拡大のためのカナダとアメリカの市場へのアクセス、安全で安定した銀行システム、資金調達、ビジネスチャンスを得ることができます。

・あなたの国から労働者を連れてこれる:
あなたの母国から、カナダであなたの会社のために働く重要な従業員を呼び寄せることができます。

その他、個人的な事情に応じた様々なメリットがあります。

移民局発表の公式統計によると、 ICT-WP(ワークパーミットの認可率は以下の通りです。

Case Processing Center Vegreville, Canada 90%
大使館・領事館 89%
入国審査(ビザ免除国) 100%

*上記は入国時にビザを申請された方は過去のデータによると100%承認されているというデータです。*

 

利益率や・何期などは関係ありません。他の国などはPL(損益計算書)・源泉徴収などの提出を求められますが、カナダは自己申告になっています。

ICT-WPは合計7年まで更新することが可能です。その間にPRを取ることができれば、ずっと住むことも可能になります。
また、もしICT-WPの期限が終わってしまっても、一年待てばICT-WPの再申請ができるので、半永久的な移住が可能になっています。

<ICT-WP取得へのルート>
自由なカナダ移住への最も最短ルートである 「ICT-WP」を取得するまでの
優先事項と フォーカスリストをまとめました。

カナダ移住までのルートを迷わず、 確実なものにしよう。

○ミッション1; 会社を設立して年商1500万円を超えよ!
▶︎弊社のビジネススクールや、Shinのビジネスコンサルで 売り上げを上げることへの思い込みをリセットし、 脳から年収をあげよう。

○ミッション2; 社員を3名にしよう!(役員でもOK!)

▶︎報酬面や給料面は実は「役員」にして成果報酬などにすれば、クリアできます。今の時代、1人社長で 窮屈かつ働きっぱなし(誰にも頼れない状態) になるのはオサラバしよう。
*詳しくは、ビジネスコンサルにて*

○ミッション3; カナダ移住の時期を決めて弊社に相談しよう。

▶︎弊社がカナダの進出時期(移住時期)から逆算して 会社設立の時期や、移住までのタイムラインを作成します。 あなたは家族とカナダでの自由な生活をイメージしながら リモート化(カナダにいながら日本の会社も動かせるように)しておこう。

○ミッション4; カナダ移住をしたら、法人での年間スケジュールやタスクを弊社と一緒にクリアし(把握)、カナダでも会社を運営開始しよう!

▶︎年間のスケジュールを弊社でリマインドするので あなたはカナダでの売上を上げる業務を優先順位の上位にして、2カ国で売上が上がる状態を作ろう。

 

一般的に、両社(本国企業とカナダの子会社または関連会社)が同じ種類の事業に従事することはルールで義務付けられていません。

しかし、IRCC(移民局)は、カナダでの法人が本社での類似の事業や同じ業界で事業を行うことを強く推奨しています。(弊社でも、カナダ政府に好まれるビジネスモデルで
あり、かつクライアント企業が即取り組めるビジネスを提案(作成)しています。)

 

ビジネスプランは、あくまで「計画」です。
法的効力を持つ契約ではありません。

経営者は計画で設定された目標を達成するために努力するべきですが、当初のビジネスプランで設定された目標を達成できなかったとしても、責任を問われることはありません。

ビジネスプランは、カナダに進出する前に実現可能性の調査が完了していることや、また起業家がカナダの市場や競合についてしっかりと理解していることを証明する文書です。

ですので、必ずしも目標が達成できなかったとしても
ビザが没収されたり、更新ができないなどのことはございませんので
ご安心くださいませ。

いいえ、できません。
ICT-WPのワークパーミットはカナダであなたの会社のために働くことに限定されますので、他の雇用主のために働くことはできません。

しかし、同伴者(奥様やご主人さま)も同時に申請された場合は、
オープンワークパーミットが発給されますので自由に就労が可能です。

初年度に黒字になることは、義務づけられていません。

更新時の条件は、物理的な場所(オフィスや倉庫など)を借りていること、または永住権やまたはカナダの市民である社員(日本人でも
構いません。)を1人以上フルタイムで雇用する必要があります。
実際にオフィス代は、月250CAD~からございます。

管理職や上級管理職の方は、当然、本国の会社から給与を受け取ることができます。
(勿論、無しでも可能です。)

しかし、カナダで給与を受け取ることを希望する場合、その給与は、その役職に応じたカナダの賃金水準(中央値)を満たすことが推奨されます。

本プログラムの要件ではありませんが、一般的に国際企業には、企業内転勤者に同等の賃金を支払うことを推奨しています。

平均して、ワークパーミットは1~2カ月以内に処理されます。空港申請の場合は、書類さえ揃えば、今すぐでも可能です。

ICT-WPの保持者としてカナダで働いた1年後にPRを申請する義務はありません。あなたがカナダで働き続けたい場合は、ICT-WPを更新し、一時的な外国人労働者としてカナダに居住し続けることを選択することができます。

しかし、あなたがカナダで永住権を取得したい場合は、あなたが適切なPRプログラムの他のすべての資格要件を満たしている場合は、永住権申請は可能です。

ICT-WP(企業内転勤)制度では、エグゼクティブ、シニアマネージャー、専門知識労働者の大きく分けて3つの従業員をカナダへ転勤させることができます。

エグゼクティブ(通常、会社のオーナーや主要株主、社長)は、組織または組織内の主要機能の運営を主に指揮する従業員です。

エグゼクティブは、製品の生産やサービスの提供に必要な業務を行うのではなく、製品の生産やサービスの提供に責任を持つチームを管理するマネージャーを管理します。

シニアマネジャーは、主に他の監督、専門、または管理職の従業員の仕事を監督し、管理する役職を指します。また、組織内の重要な機能、または組織内の部門や小部門を管理することもあります。

専門知識ICT申請者は、独自の知識と高度な専門知識の両方を高度に実証することが要求されます。

ですので、会社経営者であれば可能です。

ICT-WP(ワークパーミット)保持者がカナダで一時的なステータスを永住権に変換するには、複数の戦略があります。最もポピュラーな方法はエクスプレス・エントリー・プログラムを利用した永住権申請で、ワークパーミット保持者はカナダで同じ雇用主の下で12ヶ月間働いた後、カナダでの仕事の内容や長さに応じて50点または200点の追加ポイントを受け取ることができます。

この他にも、カナダでの経歴や職務内容、勤務地によって永住権への移行にいくつかの戦略があるかもしれませんので移民コンサルタントへ相談ください。

ICT-WPの条件として、最初のワークパーミット申請時点で、直近の3年以内に1年以上、同等のフルタイムポジションでカナダ国外の関連企業で継続的に雇用されている必要があります。ですので、カナダ以外の関連企業がありましたら、申請することができます。

制限はございません。海外での親会社と関連した事業であることが必要になります。

会社の設立(合同会社や株式会社など)と最低1年の運営が必須ですので、ICT-WPでのビザを考えている場合は、まず会社を設立し、1年以上運営されることをお勧めいたします。
給料ゼロの社員を数名会社に入社させる方法もございますのでまた面談時にお伝えします。

年商(利益ではなく)は基本的に1500万〜2000万円以上が目処になるそうですが、決算などで赤字の期間があっても構わないということです。

はい、外国人の方でも、カナダ以外で会社をここ3年のうち1年以上経営していれば、可能です。

日本などで経営をされている方が、その事業に関連したカナダの事業を買収して、その会社に駐在員としてカナダに移住をするという形になります。
M&A先はお客様のニーズや要望に合わせて異なります。

無料相談する!

残席わずか

オンライン無料相談

あなただけの賢いカナダ移住の近道ルートを
弊社エキスパートと無料で計画しませんか?

あなただけの賢いカナダ移住の近道ルートを弊社エキスパートと無料で計画しませんか?